4色刷りって、4色だけ?

オフセット印刷の色数

印刷発注されるとき「4色ですか?」と言われたことがありませんか?

オフセット印刷機で印刷する場合・・・
・シアン(青)
・マゼンタ(ピンク)
・イエロー(黄)
・ブラック(黒)
の4つの色の濃淡の組合せで、フルカラーを表現します。
ですので、印刷会社でのフルカラー印刷は「4色刷り」と言っています。
上記の決められた4色のことを「プロセスカラー」と言います。

ちなみに、パソコンの世界でフルカラーというと、1677万色になります。
パソコンに詳しい方から「1677万色印刷でお願いします!」
と言われたことがあります。

特色印刷

特色1色刷り・特色2色刷り

オフセット印刷の世界では、上記のプロセスカラー印刷に加え、
「特色刷り」というのがあります。
通常1色刷りといえば、モノクロで「黒1色」ですが、
この黒で刷るところを、赤や緑や茶色など、好みの色を1色または2色使って印刷するというものです。
ときどき、チラシなどで見かけることがあると思います。
黒1色刷りより、少しコストがかかりますが、イメージカラーが決まっている場合や
イメージをやわらかくしたい場合などに有効です。
この場合は、カラー印刷とは言わず「特色印刷」と言います。

ページのトップへ戻る